行政書士大槻翼事務所代表ブログ 行政書士大槻翼事務所代表ブログ

eFax(インターネットファックス)を導入してみて

Uncategorized

FAXを導入するか悩んでいる人へ

FAXを導入するか。

これは、私が行政書士事務所を開業するときに悩んだことの一つです。

これからビジネスを始めようと考えている人であれば、一度は考えることかもしれません。

これまでFAXを使っていなかった人はなおさらです。

私が開業時に調べた結果は、FAXは導入したほうがいいという意見が多数派でした。

理由は下記のとおりです。

  • 業務でFAXを使用することがあるため
  • FAX文化が根強く残っているため

eFax(インターネットファックス)の導入

上記の理由から当事務所でもFAXを導入することに決めました。

FAXの導入といっても、複合機にFAXの機能がついているものではなく、eFax(インターネットファックス)を利用しました。

eFaxのメリットは次のとおりです。

  • 外出していてもスマホのメールで送受信することができる
  • 全国47都道府県の市外局番が使える
  • 月額料金が安く利用することができる

外出先でもFAXを送受信できたり、PDFファイルで保存できたり、なにかと便利です。送受信もメール感覚ですることができ、操作感も問題なしです。

複合機のFAXだと、勝手に受信して、紙とインクを消耗するイメージだったのでeFaxでよかったのかなと。

FAXは本当に必要か?

ただし、使ってみて率直に思ったことは、メールでいいのでは?ということです。

実際、やっていることはメールで添付のファイルを送受信していることと変わりないですしね。

確かに業務を行う上で、FAXで送付してほしいということはありましたが、数は少ないですし、メールでも何ら問題なく対応することができたので、eFaxを導入する必要はないのかなと思っています。

本日、河野行政改革相が、テレワークの推進や業務効率化の観点から、令和3年6月中にFAXを原則廃止するよう、各府省に指示を出したというニュースがありました。

FAX文化が根強く残っている業界もありますが、これからの流れとしては、FAXの存在意義も薄れてくるものと思われます。

当事務所も、世の中の状況の変化に対応し、FAXの廃止を検討していかないとですね。

それではまた。